blog」カテゴリーアーカイブ

アウトプットや話し方、発信の仕方で悩んでいる人はたくさんいます。
私が持っているスキルが、そんな人のヒントになったらいいなと、短いコラムを書いています。

【コラム】お役立ち情報の消化不良に効くもの

メディアの仕事をしているとわかるが、役に立つ記事は読まれやすい。読者にとっても読む意味があるし、書くほうにしてもわかりやすい。「面白い」というふわっとしたものより、機能的なお役立ち記事の方が興味を持たれやすいのだ。

だけど……。

続きを読む

創業前/創業後の物語を小説にする「ストーリーブック」 実例(1)

創業前、創業後のエピソードをインタビューし、それをもとにフィクションを加え、創業者や会社の思いが読者に伝わる小説(ストーリーブック)を制作します。

採用のため、社員の方のため、取引先や顧客とよりよい関係性を築くためにお使いいただけます。

やくまる様向け『やくざいし まるやまだいすけのおはなし。』

薬剤師という立場から、より病気の方に寄り添うサービスをスタートした丸山さん。一言では伝わりにくいサービス内容と、日本の医療システムの不自由さ、丸山さんの創業への想いを、エピソードを通して伝えています。(全36ページ)

社会保険労務士法人とうかい様向け『ほんとうは教えたくない とうかいのいまはむかし』

熱い思いを持ち、創業した社会保険労務士法人とうかい。スタートは散々で、知り合いに100件営業に行っても顧問契約が取れない状況。それをスタートに、従来では考えられないようなビジネス展開をしているとうかいさんの、想いとストーリーをつづりました。全50ページ。

※とうかい様は、この冊子をとても気に入ってくださり、お客様をたくさん紹介してくださいました。
社会保険労務士法人とうかい様:https://www.tokai-sr.jp/

これまでの作品は、こちらで読むことができます。
物語の力を学び、経営に生かす『ミンワのワ』 | ミンワの新作
※今後続々と追加予定

 

採用インタビュー例(1)マクアケさま(媒体:Wantedly)

クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」を運営しているマクアケさまの採用コンテンツ制作を担当しました。

オーダーが「情熱大陸のように」ということだったので、ご本人のストーリーと、世界観が伝わるように心がけました。

1

続きを読む

#今日の140文字 まとめ

平日は毎日1回、TwitterとFacebookに140文字ぴったりでつぶやいています。自分の中で大切なものが集まってきました。こちらはTwitterをTogetterでまとめたものです。