blog : Low Kick -2nd-


はてなブログ「Low Kick -2nd-」の最新です

  • 私は子どもがいる状態で再婚したので、夫は一家の新参者、ということになる。   結婚してくれただけでありがたいと思うし、彼がすぐに子育てに参加しなくても不満はないつもりだった。ある程度仲よくしてくれれば […]
  • いろいろなできごとが重なる。 誰かに「ものづくりしなさい」と言われているみたい。   ライフロング・キンダーガーテン 数か月前に読んだ『ライフロング・キンダーガーテン』が素晴らしかった。 小学生が学習 […]
  • ある友人から、 「この人はガラス細工のように繊細な人だ」 「常に悲しみをまとっている」 とずっとずっと思われていた(今も思われているのかな?)らしい。   何をもってそう感じたかと聞くと 「書いている […]
  • 「ああ、もっと本を読みたいな」と思う。読めば読むほど思う。 本を読むほど、勉強するほど、ものを知るほど、自分が強くなる気がする。 恍惚感に似たものがある。 でもそれは、半分ホントで半分勘違いなんだと思 […]
  • ゆっくり振り返ろうと思っていたら年が明けてしまったので、急いで振り返る。 1.新しいこと 結婚した なんと、結婚した。すごく年下の方。 今でも嘘なのでは、と思うことがあるし、その気持ちを忘れないほうが […]
  • 母の葬儀で「会葬礼状」というものを書いた。 ライターやっててよかったな、と思った。 母に対する私の思い出でもあるので、ここに記しておこうかなと。 最初はもう少し長かったが、父から「長い」と指摘を受け短 […]
  • 自分の死生観は少し変わっているかもしれない。 いや、でも、ありきたりなのかもしれない。 いずれにしても今の考えを記しておこうと思った。   まず私は、おそらく生きている限りは「愛するものと一体化したい […]
  • なんの前触れもなく母が亡くなった。   よくわからなくて、全然悲しくならなかった。 死ぬことって悲しいことなのだろうか?   数日して、母が孫たちをとても大事にしてくれていたことをようやく思い出して、 […]
  • 怒りや悲しみについて、いろいろと本を読んだ。 内省についても、本を読んだり話したりして、ずいぶん考えを深めてきたつもりだし、人間の難しさについて以前よりは理解が進んだ。   怒りは何かの二次感情だとい […]
  • 「なんだか私に対する発言がピリッと辛いな?」   そんな小さな違和感を繰り返して、もしや私はこの人に嫌われている、もしくは疎まれているのでは?と察するに至る。 それなりに数を重ねてようやく、だ。   […]

>> ブログはこちら
https://emitochio.hatenablog.com/