blog」カテゴリーアーカイブ

アウトプットや話し方、発信の仕方で悩んでいる人はたくさんいます。
私が持っているスキルが、そんな人のヒントになったらいいなと、短いコラムを書いています。

【コラム】ひとことで「文章力」と言ってもいくつかのレイヤに分けられる

「文章力」とは何か。私なぞが言い切るのは難しいけれど、当然ながら、ただ間違いがなければいいというわけではない。「読みやすい文章」を目指す場合でも、文章を洗練させていくうえで、ポイントがいくつかのレイヤに分けられる。 その「レイヤ」についてざっくりと紹介したい。

続きを読む

【コラム】質問するときには答えの長さを予想する(Radiotalkより)

インタビューとは基本的に、片方が質問をして、もう片方が答えるという形式。質問をする方は、聞きたいことをただ漠然と聞くのではなく、どのような回答が返ってくるかをある程度予想するといい。その中で「相手が答えるときの長さ」を意識するといいよ、という話。

続きを読む

【コラム】自己認識を高める日記の書き方

アウトプット相談に来てくださる方に、ときどき日記をお勧めすることがある。自分の創造性を高め、内面を知るプロセスとして。私がおすすめしているのは「モーニング・ページ」で、毎日30分だけ自分の想いをそのまま書くというもの。ところが、「自己認識を高める」という点で効果を発揮するためには条件があると『insight(インサイト)』に書かれていた。今回はその内容を引用とともにまとめてみたい。

続きを読む

【コラム】書き続ける人にだけ見えてくる景色

「アウトプットする」「発信する」「書いたものを公開する」――いろいろな言い方があるが、何かを書いて誰かに読んでもらうことは、自分を少しずつ別の世界に歩ませることになる。ここでは便宜上文章のことを語るが、もちろん絵や音楽といった作品でもいい。発信を継続することで、見える世界は変わってくる。発信によって訪れる変化を書いていきたい。

続きを読む

【コラム】「私が書く意味なんてあるの?」という悩み ~「書きたいけど書けない」人へ~

これまでアウトプット相談をしてきて、何度も聞いた言葉「私の書くものなんて読みたい人いるのかな」「書いて意味あるの?」「自分だけの日記じゃなくて、わざわざ公開する意味ってある?」。人はやることに「意味」が欲しい。特に大人は。誰かに喜ばれれば意味があるけど、そうじゃないならこんな大したことのないものを書く意味なんてあるのだろうか?

続きを読む

【コラム】自分で自分の価値はわかりにくい

経営者の方からのアウトプット相談。その日は2回目だった。いくつかの事業があるけれど、一番採用したいのはエンジニア。だから、その人たちに届く発信をしていきたいという。前回の相談ではTwitterのアカウントを持っていなかったので、開設するところから。その後の様子を見ているとツイートするのは苦でないようなので、より「ターゲットの役に立つ情報」を投稿するためのヒアリングとアドバイスをした。

続きを読む

【コラム】「好きセンサー」を磨く方法

何かを継続するためには、自分の「好き」や「楽しい」を組み込むことが大切。特にアウトプットや発信は能動的な行動なので「好き」「楽しい」と思うことでないと続けられない。でも、そこで立ちはだかる大きなハードルが「好きがわからない」「興味がわくものがない」という問題。そういう人は、「好きセンサー」が鈍っているのかもしれない。

続きを読む

【コラム】続かないことに罪悪感を持たないで

アウトプット相談をさせていただいたあと、アウトプットが続く人と続かない人がいる。うまくいっている人はいいのだけど、うまくいかない人は罪悪感を持ってしまう。相談をした私に対して申し訳なく思ったり、自分を責めたりしてしまう。でも、それはしないほうがいい。

続きを読む

【コラム】ストーリーを意識した質問づくり

あるメディアで、記事のクオリティをアップするためのお手伝いをしている。そのお仕事では、実際にインタビューすることもあるし、別の人がするインタビューのために、質問項目だけを作ることもある。「インタビュー前の質問ってどうやって作っているんですか?」と質問していただいたので、そのことを。

続きを読む

【コラム】伝える情報をどこまで細かくするか?

友人が「文章がわかりにくいって言われた」という。そこで、彼の文章を見せてもらうことにした。見たり話したりするうちにひとつ、「ああ、そういえばあなたの話し方と書き方には共通の課題があるね」と気が付く。それは、情報の細かさ、つまりは情報の取捨選択について。彼は、話すときの情報がとても細かいのだった。

続きを読む