Story Telling

言葉だけでは伝わらない

誰でも言える言葉より、あなただけのエピソード

何かを伝えたいとき、次のように発信してはいないでしょうか?

「クオリティにこだわっています」
「お客様を第一に考えています」
「従業員と一緒に成長していきます」

それぞれの想いはすばらしいものです。ところが、短い言葉ではありきたりに思われてしまうでしょう。短い言葉を発するだけで誰かの心に響かせるのは、とても難しいのです。

一方で、

「クオリティにこだわるようになったきっかけは……」
「お客様を第一にしなくてはならないと感じた経験は……」
「従業員と一緒に成長すると決めた瞬間は……」

それらを丁寧に綴ったエピソードには、喜びや悲しみ、挫折や感謝など、心に響く「感情」がたくさん含まれています。

小説や映画がいい例です。主人公のキャラクターに加えて、用意された環境や状況と、いろいろな障害を乗り越えたり、乗り越えられなかったりするエピソードが、受け手の心に強く響きます。

ストーリーなら心に届く

物語のアップダウンと、描写によるディテール

想いがなかなか伝わっていないと感じているなら、今こそストーリーの力を借りるときなのかもしれません。

「自分(自社)なんて平凡だ」と思うでしょうか。

あらすじだけをたどれば、確かにありきたりになるかもしれません。ところが、場所や時代、関わっている人、その背景などは、唯一のものです。当事者は平凡だと思っても、そこには感情を揺るがすドラマがあるものです。

人をひきつける緩急と、リアリティのあるディテール。

あなたやあなたの会社が歩んできたストーリーは、世界にふたつとないでしょう。

そのエピソードには、形だけではない「リアリティのある想い」が詰まっています。それをストーリーにのせて届けることができたら、今までよりずっと相手に伝わるはずなのです。

ストーリーの伝え方には、さまざまな方法があります。私がお手伝いできる方法を、「ストーリーテリングシリーズ」のサービス一覧としてまとめました。いくつかを組み合わせることもできます。

1.ストーリーページ

写真付きWEB記事

納品物

インタビューをもとにした原稿(Word)、カメラマンによる撮り下ろしの写真(JPG)

内容

採用ページなどに効果的です。社員の方の個人の生い立ちや経歴、考えや思想、現在の仕事などをお伺いして、1つの記事にします。自分語りのモノローグ風や、インタビュー形式など、さまざまな形式に対応可。また、文体も口語風にしたものや、やわらかめ、硬めなどがあります。採用だけでなく、目的や掲載場所に応じて、効果的なものをご提案します。

採用ページに掲載すると、共感してくれるケースが増えます。会社と採用者のアンマッチがなくなり、文化が継承されていきます。

また、経営者のインタビューにより、ブランド力がアップします。取引先からの信頼も高まります。

見出し画像に文字を入れるといったデザインもオプションで対応可能です。

実績

MakuakeさまWantedly記事

記事を作るまでの解説記事

2.ストーリーブログ

インタビューとブログ記事

納品物

インタビューをもとにした原稿(Word)を4本/月

内容

ブログ記事に最適です。隔週で(オンラインなどで)お話をお伺いして、毎週アップできるような記事を執筆します。継続的な発信が大事な時代。個人的な想いや活動などを、週に1回発信できます。ひとりでは書けない方も、相手がいることで継続でき、インタビューされることで新しい視点が引き出されます。

社外向けの広報的な位置づけでありつつ、社内の方に読んでもらうことで会社の活動や想いを伝えられます。会社が大きくなるほど、社員の方に経営者の想いは伝わりにくくなってしまうもの。継続的な発信により、社内外とのつながりを強固にしていきます。

写真やイラストなどもオプションで対応可能です。

実績

コミュニティ(プラットフォーム)を運営されている医師の方のブログ

3.ストーリーブック

実話をもとにした小説風の冊子

納品物

挿絵付きの小説風物語を掲載した冊子(印刷代は別途)

内容

採用や取引先の信用を得るために効果的です。創業(前後)の出来事や想いをお伺いして、小説風の文章と挿絵を載せた冊子をつくります。冊子にすることで、配布が容易になります。

また、よくあるきれいなだけの「会社案内パンフレット」と比較して、パラパラとめくったときに「物語をつい読んでしまう」効果があります。

社員の採用の場面で多く使っていただけます。飾り立てない熱い想いが伝わり、アンマッチが減少します。初期の苦労が伝わることで、会社への愛着が増します。社員の方にも好評です。

実績

やくまる様向け『やくざいし まるやまだいすけのおはなし。』

社会保険労務士法人とうかい様向け『ほんとうは教えたくない とうかいのいまはむかし』

実績についての解説記事

4.ストーリーラジオ

想いが伝わる音声配信

納品物

Podcast配信のための音声データ(15分×4本)(配信までを請け負う場合は別途)

内容

取引先などに濃いファンを作り、信用を重ねていくのに最適です。月に1度対面またはリモートで対話を収録して、録音した音声を編集し、毎週アップできるように納品します。ひとりで話すのが難しくても、話し相手がいることで、考えていることが引き出されたり、新しい価値観が生まれたりといった相乗効果があります。(栃尾が対話の相手をします)

経営者の方が毎週音声を配信することで、会社の思想や話す人の人柄が過不足なく伝わります。

「お役立ち情報」を配信する方が早く人気が出ますが、考えや思想を配信すると長く強固なファンが付きます。採用や取引先へのフォロー、メッセージとしてお使いいただけます。

さらに、ビジネスで知り合いたい人に「ゲスト出演」をオファーすることで、知り合うきっかけを作ることができます。

実績

岸田弁護士の間違えないで!『労務トラブル最初の一手』(出演のみ)

5.ストーリーオーディオブック

音声または動画によるオリジナルストーリーの朗読

納品物

小説を朗読した音声(またはスライドショーとテロップを付けた動画)

内容

創業ストーリーや印象的なシーンをインタビューし、実話をもとに短めの小説を執筆。それを朗読します。小説を読む時間がない人にも、音声でストーリーを届けることができます。物語の力と声の力、両方を使った相乗効果で聞き手にしっかりと伝えることができます。(栃尾が朗読をします)

ただし、配信には工夫が必要です。音声をホームページに上げても、なかなか再生ボタンが押されないでしょう。メディアを持っていないなら、動画にしてホームページやYouTubeに掲載すると効果的です。

採用ページなどに動画を公開しておけば、会社の理念や想いが過不足なく伝わるでしょう。

また、社員の方にも、創業時代の想いなどがしっかりと伝わり、会社への気持ちを高めることができます。

価格表

クライアントさまからの声

伊集院 妃芳さま(合同会社シゴトトセイカツ)

栃尾さんの安定感、たとえば、締切を守るとか、ミスがないなどといったことは、仕事をご一緒したらすぐにわかることですが、本当の魅力は別のところにあると思っています。

意図をくみ取る早さはもちろん、一度想いを共有できたあとは阿吽の呼吸で仕事できる。悩みを相談すれば、一緒になってじっくり考えてくれる。一見クールですが、熱い想いであふれています。

媒体の立ち上げの際は、お声がけして、アドバイスをもらいながら一緒に進めたいと思うような、企画や編集の気持ちもわかってくれる、貴重なライターさんです。

M.I.さま

栃尾さんには創業のストーリーを書いていただきました。

そのストーリーは多くの共感を呼びました。

共感を呼び、当社のファンが増えました。

共感を呼び、一緒に働く仲間が増えました。

大変感謝しております。栃尾さんの文章の特徴は、人を魅了する言葉遣いにあると思います。

その言葉遣いで、ありふれたストーリーがいつの間にか共感を呼ぶストーリーに変わります。
きっと表現のひとつひとつまで丁寧に選び抜いているのだと思います。

それは、日々、TwitterやPODCASTなど様々な分野で言葉を選び、表現を磨いているからこそできるのだと思います。

その表現と「分かり合いたい」と切望する栃尾さんの人間性が合わさるからこそ、共感を呼ぶのだと思います。ストーリーを通して、お客様や社員、応募者と「分かり合いたい」と思うのであれば、ぜひ一度、栃尾さんの表現するストーリーを読んでみてください。

丁寧で熱い表現が感じられると思います。

私は栃尾さんのストーリーの1ファンとしてそのストーリーが読めることを楽しみにしています。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

タイトル

ご興味のあるサービス

メッセージ