Blog(ブログ)

さまざまなブログサイトでいろいろと書き散らかしているので、こちらにまとめて表示させています。

ブログのリンク

Low Kick -2nd- (はてなブログ)
smile bayboo (Blogger)
note
Write Writer Writest (アメーバブログ)
convergence

ブログの抜粋と各記事へのリンク

Low Kick

考えていることの記録。基本的に結論がありません。

  • 「褒められノート」のすすめ 2017-11-07
    あなたは、これまでにどれくらい、どんな言葉で褒められたか覚えていますか?   「褒められノート」について、好意的なリアクションあったので書いておく!   自己肯定感高めるために、褒められノートを書くの …
  • 仕事をしながらどうやって子育てするか 2017-10-25
    「仕事をしながらどうやって子育てしてるんですか」って漠然と聞かれて漠然と答えた。 ということを書き記しておきたい。少しでも誰かの役に立つといいなと、思っています。   (1)人と比べない 子育てをしな …
  • 「私ってすごい」エントリーを書いてみる 2017-10-22
    なかなか上がらない自己肯定感を上げるために(?)、私ってすごいんじゃない? という記事を書いてみたい。(読んでイヤ~な気分になったらごめんなさい)   まずは現状。 子育てしながら、働いている。これだ …
  • よりかかろうとするリスク 2017-10-13
    人に頼ることができないのは、ひとえにこの4コマ目を恐れているから。 頼ろうとする時点でバランスを崩しているので、誰かに支えてもらえなければ倒れてしまう。   これを怖がらない人は強いと思う。 倒れた後 …
  • 「自己肯定感」についてまだ考え足りていない 2017-10-07
    先日、ポッドキャストで自己肯定感について2回も使って話した。 emitochio.net emitochio.net 私は、自分が自己肯定感が低いような気がする。それはなぜなのか。と考えてこのテーマを …

smile bayboo

子どもに関することを書いています。子どもの記録。

  • (4コマ)「ママじゃなきゃダメ!」の意味とは…… 2017-06-21
  • 「がんばります!」 2017-03-10
    先日の水曜日から喘息で入院となった次男。ずっと私が付き添っていたのだけど、退院まで24時間付き添いは、体力の問題も、仕事もあるし無理だなと。金曜の夜に「預かり」にしてもらって、夜は帰ることにした。前の …
  • 勝敗は関係ない 2017-01-07
    何より勝負ごとの好きな長男がとつぜん言い始めた。「俺さ、わかったことがある」しばし沈黙。私の好きな話題な気がする。「何なに、聞きたい」「ええとね、なんていうか、ドッジボール、あるじゃん。俺さ、勝っても …
  • 我が子は繊細であり、激情型である 2016-09-26
    我が長男は、繊細である。「繊細」という言葉を使うと親バカみたいだけど、まあ、親バカは特に否定しない。もう6歳になって、本当に大変だった頃のことをずいぶん忘れてしまっていた。ゲームに負けると、本気で怒っ …
  • 小一男子の揺れる思い 2016-08-16
    小学生は、面白い。人間のきれいごとではない姿が赤裸々に現れている。いなくてよかった小一の長男が、「今日A君がお休みだったんだけど『Aくんいなくてよかったね』ってB君が言ってた」という。ただ、それだけ。 …

note

創作(主に短編小説)やラクガキをかいています。あとは人の役に立ちそうなこともときどき。

  • 私の本棚にあるあなたの本 2017-10-28
     あなたにとっては軽い気まぐれのキスだったのかもしれないけれど、私にとってはそうじゃなかった。あの日からずっと私の心は止まったまま。 いつか気持ちが冷めるだろうと思っていたのに、「今日も好きだった」っ …
  • 愛する人がもたらすもの 2017-10-24
    #今日の140文字 ツイートに関連する掌編小説を書くことにしました。このエントリーを書き始めた日から見て1年前のツイートを使うことにします。内容は、下記のプロットで書いた登場人物が織りなす小さなエピソ …
  • ちょっとテストを 2017-10-17
    小説の「新しい作り方」をテストしている。どうかな?仕事をしながらちょこちょこ書いていたらこんな時間(am2:40)に! まずい。寝ましょう。続きをみる …
  • 小説の「新しい作り方」 2017-10-12
    昨日こんなエントリーを書いたのだけど、もしかしたら、思いついてしまったかもしれない。新しい作り方。良いか悪いかは別として、たぶん小説としての作り方は新しい。そして私がこれまでやってきたことと通ずるし、 …
  • 「好き」から新しい作り方を考える 2017-10-11
    今日もほんの数行だけ進めた。もう少し時間が取れるといいのだけど。コルクラボで佐藤雅彦さんの講演を聞いて、とても刺激的だった。自分が「痺れた」ことを大切にしたり、気持ちいいことや好きなことを宝箱に入れて …

Write Writer Writest

お仕事に関すること。比較的オフィシャルなことを書いています。

  • R25が終了してしまいました 2017-03-02
    R25が終了してしまいました。 https://r25.jp/oshirase/20170301001/R25/L25の思い出私が関わったのは何年だったかな。初めてのお仕事は、L25(R25の女性版) …
  • インタビュー原稿の文体 2017-02-25
    インタビュー原稿の文体をどうするかという話で、判断していただくために、こんな話をすることがあります。■だ・である メリット・語尾のバリエーションが多い(書きやすい)・そのため、文章を細かく切れるので、 …
  • 文章における訓練と本番について。後輩に聞かれたこと 2017-01-30
    我が社(アバンギャルド)では、毎週「文章講座」をしています。テーマに沿って400字の原稿を書いてもらい、お互いに修正箇所を指摘します。原稿を書くときにルールがあります。たくさんあるのですが一部を紹介。 …
  • シェア会(撮影会)しました 2017-01-10
    撮影に関するシェア会(社内で仕事に関する知見をシェアする会)しました。コンビニで食べ物を買って、お皿に並べて・・・。 私が取材で習った「鉄板構図」はこれ。テーブルクロスのシワなどはこの際目をつむってい …
  • 今後、メディアに代わるもの 2016-12-27
    もういろんな人が言っているけど、これからメディアに代わるものは「人」だと思う。なぜなら記事はそれぞれ一人歩きするので、信頼性が担保できない。また、記事を読んでも、メディア名をいちいち見ない。でも、「あ …

convergence

散文のような、詩のような。

  • 琴線に触れる 2016-05-20
    心の弦は弾いたり震えさせたりする必要なんてなくて触れるだけで
  • ヒエラルキーのマトリョーシカ 2016-05-18
    小さなヒエラルキーでトップの人だって、もっと大きなヒエラルキーから見れば真ん中くらいかもしれない。小さなヒエラルキーでトップ、ということに価値はあるけどそれ以上でもそれ以下でもない。大きなヒエラルキー …
  • キャパと情熱⇒アウトプット 2016-04-30
    焼却炉が大きくても、燃やすものが少ない燃やすものがたくさんあっても、焼却炉が小さいアウトプットが同じなら、どちらがよいのか「よい」って何だろう幸せであること?将来に繋がること?お金が稼げること?人から …
  • 見えないもの 2016-04-22
    真理なんて見えないもの。だからあの手この手で見ようとする。
  • 低いけど、広く 2016-03-08
    こんな成長のしかただからってあせることなんてなかった